汗をできるだけ抑える方法

暑い季節になると黙っていても汗が出てきてしまって困りますよね。
私は上半身の汗が非常に気になります。
デコルテラインが出るような服を着ている時に、首筋からどばーっと汗が吹き出すと色々と台無しになります;

そこで私は、汗が出る仕組みを利用して根本から解決するようにしています。
汗が出る原因はズバリ、血液の温度が上がるからです。
人間は恒温動物ですから、体温を一定に保たなくてはならないので暑くなると汗が出ます。

ということは、血液の温度を下げてあげれば、気温が高くても汗が出にくくなるんですよ。
コツは、動脈が集まっているところを重点的に冷やすこと。
お勧めは脇の下です。
ここに大きめの保冷材をタオルに巻いて挟むだけで血液の温度上昇がかなり抑えられますので滝のような汗が上品な感じに抑えられます。
これはお勧めですよ!

私が今気になっている対処法

私は以前から脇汗が気になっています。夏場になるとひどく、ワイシャツの脇の部分が黄ばみがかっています。また、脇汗が目立ってしまうグレーなどの色物の洋服が夏場になると全く着れません。対処方法は、ワキ汗パットを使うことです。そうすることにより、色物の洋服も着れるようになりました。また8/4などの制汗剤で脇汗をブロックしてくれる商品があるので時々使っています。一時的ですが脇汗を抑えることができます。
私が今気になっているのは「デトランスα」です。欧米人向けに作られた商品なので効果が強力だということ。1日1回夜に使用し朝ふき取るだけで10日間も効果が持続するとのこと。また臭いもブロックしてくれるようなので一度使ってみたいなと思っています。

来ました!天敵の夏。汗と私

毎年毎年夏になると気になる汗。化粧落ちも気になりますが一番気になるのは脇の汗、そして匂いです。
汗っかきな体質でとくに汗が気になるのは仕事中です。仕事は接客業でお客様と距離も近いし忙しく走り回っていますので、汗がにおってないか特に気になってしまいます。
そんなあたしの汗の対処法は、まずお手入れです。脇のムダ毛はこまめにお手入れします。毛穴に汚れが詰まっているとニオイの原因になるのではないかと思うからです。
次に香水です。これは全体の汗に対してもつながりますが、いい匂いだと汗が気になりません。
仕事中はどんどん汗が出てきますので、無臭の消臭スプレーをカバンに常備しています。仕事中の気分転換になりますし汗の匂いも消えますので一石二鳥かと思います。無臭なので香水とも混ざる心配もありません。
おすすめのスプレーは、資生堂のAgパウダースプレーの無香料がオススメです。いま気になってるアイテムはAgの汗拭きシートです。今年はチャレンジしたいと思います。

足汗対策しています

私は普段から汗が多く出る体質で、額や脇はもちろんですが、手や足も非常に汗をかきやすいです。特に気になるのが足で、出勤で自宅から会社に着くまでの間、主に電車移動にも関わらず、靴下がびっしょりと濡れている事があります。これには履き心地が悪くとても困っていたので、具体的な対策を取るようにしました。サンダル等を履ければ問題ないのでしょうが、仕事の都合それは難しいので、通気性の高いビジネスシューズを購入しました。ネットで情報を調べてみると概ね一万円ぐらいからラインナップがあり、それを参考に商品を選んでみました。初めて通気性を意識したビジネスシューズを使用した感想は、想像していたよりも快適で効果的でした。まったく蒸れない状態になるのは難しいですが、以前よりは靴下の湿り具合が格段に違います。これに加えて小型の消臭スプレーを鞄に常備し、靴中が蒸れない環境をつくっています。

汗をかいていることが分からないようにする方法

私は汗っかきです。特に、顔と頭からの汗が気になります。これはどんな時に出るかというと、暑くなってくると、出てしまいます。とても多いので、いつもは、なるべく涼しい恰好を心がけています。あとは、ハンドタオルを持ち歩いて、こまめに拭いています。なるべく汗をかきたくないときは、保冷剤を持参して、わきの下にはさむことをします。こうすると血管が冷えて、汗をかきにくくなります。日ごろから、香辛料など強いものも控えています。汗対策で気になることは、どんなに気にしても、出てしまう汗で、洋服がシミになってしまうことです。これを防ぐために、脇汗パットを使ったりしますが、なかなか値段がかかるものなので、容易に使えませんし、薄着になると目立つので、汗を抑えるスプレーを使うようにして対応してきたいと思います。

足の裏の汗に関して

私は足の裏によく汗をかいてしまいます。長時間歩いた後に靴やブーツを脱いだ時に汗をかいてしまい、その上ニオイも気になってしまいます。
よく汗をかいてしまうので、靴を履く時には必ず五本指ソックスを履くようにしています。そうすると汗を吸い取ってくれてあまりベタベタせずに快適に過ごせます。また汗をかいた後はどうしてもベタベタするので、外出先から家に帰った時はすぐに足を洗うようにしています。
オススメのアイテムは五本指ソックスです。冬場でも汗を吸い取ってくれて足が冷えずに快適に過ごすことができます。また朝着替える時は足用のデオドラント、デオナチュレを塗ってサラサラになるようにしています。
今気になっていることは五本指ストッキングです。足を綺麗に見せることができ、快適でにサンダルも履くことができるからです。

脇汗に関して

私は特に脇汗が気になります。そして人混みに入るとベタベタ感と脇汗からのニオイも気になってしまいます。またドレスに汗ジミをつけたくない時は特に脇汗が気になります。脇汗をかいた後にニオイも発生するので、脇汗だけでなく、ニオイ対策もするようにしています。
普段であれば脇汗をかいても目立たないようにグレーの服は避けています。またドレスを着る日は、汗脇パッドをつけるようにしています。脇汗が目立たないだけでなく、汗も吸い取ってくれます。
そして朝着替える前に除菌シートでふいてから着替えると、汗だけでなくベタベタ感も解消されている気がします。
今気になっていることは、ユニクロのエアリズムです。汗をかいた後もサラッとしていてドライ効果があるのであれば、夏も快適に過ごせるのではないかと思い気になっています。

関連リンク:手汗の原因と手汗を止める方法|手汗止めーる

私の顔汗対処法

私は31歳・会社員ですが、社会人になってから早10年で25kgほど太りました。
そのおかげで、もともと汗っかきだったのがさらに汗をかくようになり、最近は顔汗がひどく、しょっちゅう悩まされています。
少しでも体を動かすともちろん体中に汗をかくのですが、私の場合、顔汗がたくさん出てきて、夏場なんかは特に気づくと顔から汗が垂れていることがよくあります。

そんな私の顔汗対処法は2つあります。
1つ目はタオルを常に持ち歩き、汗をかいたらすぐに拭けるようにしています。
顔汗の難点は汗が目に入るととても痛いことですが、タオルを持ち歩いていれば、汗が目に入る前にふき取ることができます。
2つ目は制汗剤入りの顔拭きシートを使用しています。
私はGATSBYのアイスタイプというひんやりした顔拭きシートを使っていますが、それで顔を拭くとひんやりした感じが続き、顔汗が少し出にくくなります。

一般的な対処法かもしれませんが、私は上記2つの方法で顔汗対策をしています。

顔汗の対策

私は顔汗が通常の人の3倍近く出ます。
普段生活していても特に不満はないのですが、夏の暑い日に友人と面と向かって対話する時や、大人数の人に見られながらスピーチする時にとても恥をかきます。
初めの頃は特に汗もかかず大丈夫なのですが、一回汗をかき始めてしまうとその後とどまる事を知らず、気付いた時には頭の先から首元まで滝の様な汗が流れています。

私の対策としては、大人数に見られたり、人と対話をする前にはあまり動かない様にしています。体が外気と馴染んでしまえば、急激に汗を掻く事は少ないです。
後は、あまり水分を取らない様に気を付けています。

私が今挑戦している事は、血圧が高めで、それが多汗症に拍車をかけているので、高血圧を治すお茶を毎日飲んで、血圧を下げる努力をしています。

更に今気になっているのは、汗を抑えるアイテムです。クリームを塗って抑えるそうなのですが、一度購入してみてチャレンジしたいです。

汗の臭いを残さないために洗濯しやすい服を着ています

私は高校生のころからワキの汗に悩んでいます。特に夏になるとワキ汗の処理が大変で、油断すると制服のブラウスのワキの部分が汗で濡れたようになったり、周囲に汗の臭いで不快な思いをさせていないか必要以上に気になります。

ワキ汗は制汗剤をつけて汗が出ないようにしたり、汗ふきシートなどで汗を拭きとることも必要ですが、洋服に残った汗の臭いへの対策も必要です。よって私はできるだけ洗濯がしやすい素材の服を選ぶようにしています。またどうしても頻繁に洗濯ができない洋服を着るときにはワキの部分に汗パッドを入れて細目に交換するよ鵜にしています。頻繁に洗濯をしてもワキには黄色い汗シミができてしまうので、きちんと臭い対策を続けていかなければならないと思っています。